トイレのつまり症状

実際にトイレがつまってしまうと水が流れなくなったり、水が便器から溢れてしまったりというトラブルになります。では、つまりに深く関係する水の状態によってつまりの原因を予測することができるということはご存知でしょうか。水の状態とつまりの原因を理解することにより、効率良くトイレのつまりを解消すると共に、つまり予防に役立てることもできるでしょう

ラバーカップ比較的軽度な水の状態としては、つまってはいたものの水が少しずつ流れているという状態です。もし、水がこの状態の場合は大量のトイレットペーパーや紙類がつまっていることが予測されます。つまりの原因がトイレットペーパーやティッシュペーパーなどの紙類だと分かれば、まず40度から60度くらいのお湯を流してみることをおすすめします。バケツに水を汲んで流すというやり方でする方が多いですが、お湯は水よりも紙を溶けやすくさせる効果があり、水より早く解消することができます。あまり湯が熱すぎると便器のひび割れを起こしてしまうため60度以上のお湯を使わないように注意してください。

軽度なのが水が少しずつ流れる状態に対して完全に水が流れず、便器から溢れてしまった場合は、トイレットペーパーが固まっていることや、うっかり落としてしまったボールペンなどの異物が排水管につまったことが原因として予測されるでしょう。この場合はつまりの原因となる異物を取り除き、ラバーカップなどを使って解消してみましょう。

Pocket

Comments are closed.