トイレのつまりの元

良くトイレットペーパーを流し過ぎてトイレが詰まってしまったという話を聞きます。特にトイレのつまり発生の原因として多くみられるのはトイレットペーパーの流し過ぎです。日常的に使うトイレが詰まって使えなくなってしまうのはとても困ることでしょう。そうならないための予防方法として挙げられるのが、トイレのつまりの原因を知ることです。

トイレットペーパー原因の根本となるのは、まずトイレの排水管がS字に湾曲してることと、封水という構造になっていることにより、つまりが発生しやすいとされています。この封水とは下水の臭いを抑える為にそこに水を溜めておく構造のことです。トイレの構造自体がつまりやすい構造になっているのに加えて、たくさんのトイレットペーパーを流してしまい、つまってしまうのは当然のことだと言えます。

また、つまりの原因となることがらは何もトイレットペーパーだけとは限りません。トイレの便座や床を掃除するのに使用する掃除シートや、便器内を掃除するのに使う先端だけ取り外し可能な掃除道具もトイレのつまり原因に当てはまります。こういうものには便利なことに使った後流せるタイプも存在します。流すことができるといっても、実際のところは流さずにゴミとして捨てることがつまり予防になるでしょう。

Pocket

Comments are closed.